リフォームの「やりどき」は?

さて、「家を守るため」にやらなければいけないリフォームだけではなく、自分たちの生活上で不満や不都合が出てきたときなどにも、リフォームを考える必要があるといえるでしょう。

せっかくの家なのに「あれが不便だ、これがイヤだ」と不満だらけでこの先ずっと過ごしていくのも、もったいない話ですからね。

では、老朽化以外の理由で、「リフォームのやりどき」と思われるケースをいくつか挙げてみましょう。


1. 子供に個室を与えたいが、部屋数が足りない。
2. 子供の独立・親世帯との同居など、家族構成が変わった。
3. 若いころは気にならなかったけど、家の中の段差が多く、最近きついと感じるようになった。
4. 窓が小さくて日当たりが悪い。
5. 収納スペースが足りず、家の中にモノがあふれている。
6. 古いタイプのお風呂で、冬は寒くて仕方がない。
7. 家の中にカビがはえているところがある。
8. 和式のトイレは不便。
9. 洗面台にシャワーをつけたい。
10. キッチンが高すぎる、あるいは低すぎる。
11. 家の中全体が古ぼけてて、くら〜い雰囲気。
12. とにかく使い勝手が悪い。
13. 普段住んでいる分には問題ないが、ちょっと古い家なので、イザというときの耐震性などが心配。


…他にもいろいろありますが、基本的にはあなたと家族が「改善したい、なんとかしたい」と考えるポイントがあれば、それがリフォームの理由となります。

あとはその「要望の強さ」と「リフォーム費用」を天秤にかける形となりますので、ひとつふたつの不満程度なら、無理にリフォームに踏みきる必要もないと思いますが…

今の家にたいする不満がつぎつぎと挙がってくるようなら、今後の快適を得るためにも、リフォームを前向きに考えてみるべきではないでしょうか。

もっともおすすめなのは、10年目など、「家を守るためのリフォーム」と一緒に、これらの「自分たちの満足のためのリフォーム」も済ませてしまうことですね。

ちびちび何度もやるよりは、一度にドカンとやってしまったほうが、結果的には安くつくことが多いですし、宅内でのリフォーム工事による日常生活への影響も、短い期間ですみますから。

関連エントリー

リフォームの必要性とその準備
あなたの家は築何年?
リフォームの「やりどき」は?
リフォームするなら建て替える?
自宅に関する資料を集めよう!
リフォームの要望をまとめよう
住めば都とは
お部屋のインテリアって・・・。
一石二鳥!失敗しない外壁塗装業者の選び方
資金について考える
リフォーム費はどれぐらい?
リフォーム金額の相場の考え方
予算は最初に伝えるべきか?
リフォーム工事費=かかる費用ではない
リフォームローンを気軽に考えないで!
リフォームローンはどこを使う?
こんな業者は使っちゃいけない
訪問販売のリフォーム業者
訪問業者に丸めこまれたら?
電話勧誘も相手にしちゃダメ!
やたらに不安をあおる業者はNG
打ち合わせを面倒がる業者はNG
見積もりをしぶる業者はNG
リフォーム業者のあれこれ
リフォーム業者はピンキリだっ!
会社名・イメージではなく中身で選ぶ
リフォームに「定価」はない
チラシの内容をうのみにしない!
リフォーム業者の特徴を知る
リフォーム専門業者にご注意!
業者のしぼりこみから契約まで
身内や知人の業者なら安心?
業者比較の第一歩
業者の得意分野を知っておこう!
シックハウス対策について
相見積もりをとろう
打ち合わせ・見積もり依頼で業者チェック
見積もりから見えてくる「業者の姿勢」
見積もりの金額だけにとらわれない!
見積もりから契約までには日をおこう!
監理について確かめよう
お金の支払いについて確認しよう
アフターサービスについて確認
トラブル・クレーム対応は?
工程表を出してもらおう!
いよいよ契約となったら?
リフォーム工事開始!
忘れちゃ困る荷物の片付け
工事のあいさつは業者まかせにしない!
職人への「飲み物サービス」は必要?
もし追加工事が発生したら?
注文した内容と違う!
リフォーム工事が終わったら
マンションのリフォーム
マンションってリフォームできないの?
管理組合の規定を確認しよう!
近隣への気配りを忘れずに!
トラブル多発!?床のリフォーム
久々のアパート暮らし
カテゴリ一覧
リフォームの必要性とその準備
リフォームの資金について考える
こんなリフォーム業者は使っちゃいけない
リフォーム業者のあれこれ
業者のしぼりこみから契約まで
住宅のリフォーム工事開始!
マンションのリフォーム
プライバシーポリシー・リンクについて
サイトマップ
お気に入りの家具ショップ
ソファ
天井まで収納できる本棚は素晴らしい
Copyright ©  住宅リフォーム業者の正しい選び方ガイド All Rights Reserved.