リフォーム費はどれぐらい?

リフォームにどれだけのお金がかかるのか。これは気になるところですよね。「どのくらい用意しておけばいいんですか?」なんて質問がよくありますが、これは個々の家庭のこだわり次第ですから、まさに千差万別。

たとえば、内装を常に新しいものにしたがる家庭と、節目のリフォームで構造部分などさえしっかりしていればあとはこだわらない、といった家庭では、大きな差がありますからね。

とはいえ何の答えも出さないままでは無責任ですので、私個人のプランを紹介しましょうか。私の場合は、自宅は延べ床100平米ちょっとの2階建て木造住宅。

そして我が家の基本的な考えは、「家を守るため、維持するためのリフォーム」最優先。内装等は「ガタがきたら替える」という程度の認識です。

で、現在のところ、リフォーム資金専用口座を作り、そこに元金100万円を入れたあと、毎月2万円を積み立てています。10年目・20年目までのリフォームはなるべく月々の積立額だけでまかなうようにする予定で、最初の元金100万は、それでも足りないときの保険代わりです^^;

ただし、この積立額は20年目まで。20年目のリフォーム終了後は、毎月の積立額を2万5千円から3万円程度に上げるつもりです。(あくまで物価がおおむね今の水準で維持される場合です)

…というのが私の例ですが、たとえば内装にも気を使いたい人なら、念のためこれより1万円ぐらい上の積み立て費用を考えておくといいのではないでしょうか?予算が余れば余ったで、次に繰り越したり他の使い道に回してもいいですし。

ちなみに我が家の場合は、今の職場に財形の扱いがないのでこういう形をとっていますが、もし、あなたやあなたの家族の勤め先が財形の扱いをしているのであれば、やはり財形住宅の利用をおすすめしたいところです。

給与天引きなので「つい使いこんでしまう」心配もありませんからね。

また、財形を利用している人は財形住宅融資を利用することもできますので、もしローンのお世話にならざるを得ないときがきたとしても、頼もしい選択肢がひとつ増えるというわけです。

関連エントリー

リフォームの必要性とその準備
あなたの家は築何年?
リフォームの「やりどき」は?
リフォームするなら建て替える?
自宅に関する資料を集めよう!
リフォームの要望をまとめよう
住めば都とは
お部屋のインテリアって・・・。
一石二鳥!失敗しない外壁塗装業者の選び方
資金について考える
リフォーム費はどれぐらい?
リフォーム金額の相場の考え方
予算は最初に伝えるべきか?
リフォーム工事費=かかる費用ではない
リフォームローンを気軽に考えないで!
リフォームローンはどこを使う?
こんな業者は使っちゃいけない
訪問販売のリフォーム業者
訪問業者に丸めこまれたら?
電話勧誘も相手にしちゃダメ!
やたらに不安をあおる業者はNG
打ち合わせを面倒がる業者はNG
見積もりをしぶる業者はNG
リフォーム業者のあれこれ
リフォーム業者はピンキリだっ!
会社名・イメージではなく中身で選ぶ
リフォームに「定価」はない
チラシの内容をうのみにしない!
リフォーム業者の特徴を知る
リフォーム専門業者にご注意!
業者のしぼりこみから契約まで
身内や知人の業者なら安心?
業者比較の第一歩
業者の得意分野を知っておこう!
シックハウス対策について
相見積もりをとろう
打ち合わせ・見積もり依頼で業者チェック
見積もりから見えてくる「業者の姿勢」
見積もりの金額だけにとらわれない!
見積もりから契約までには日をおこう!
監理について確かめよう
お金の支払いについて確認しよう
アフターサービスについて確認
トラブル・クレーム対応は?
工程表を出してもらおう!
いよいよ契約となったら?
リフォーム工事開始!
忘れちゃ困る荷物の片付け
工事のあいさつは業者まかせにしない!
職人への「飲み物サービス」は必要?
もし追加工事が発生したら?
注文した内容と違う!
リフォーム工事が終わったら
マンションのリフォーム
マンションってリフォームできないの?
管理組合の規定を確認しよう!
近隣への気配りを忘れずに!
トラブル多発!?床のリフォーム
久々のアパート暮らし
カテゴリ一覧
リフォームの必要性とその準備
リフォームの資金について考える
こんなリフォーム業者は使っちゃいけない
リフォーム業者のあれこれ
業者のしぼりこみから契約まで
住宅のリフォーム工事開始!
マンションのリフォーム
プライバシーポリシー・リンクについて
サイトマップ
お気に入りの家具ショップ
ソファ
天井まで収納できる本棚は素晴らしい
Copyright ©  住宅リフォーム業者の正しい選び方ガイド All Rights Reserved.