予算は最初に伝えるべきか?

リフォームをするとなると、業者側としても気になるのが「依頼側の総予算」。担当者が「ところでご予算は…」といきなり聞いてくることも少なくありません。

そして依頼側も「○○万円までで…」とアッサリ答えてしまう。ごく普通の光景です。でも、これって実はあまりよろしくないやり方なんですよね。

「とりあえず、要望をきちんと伝えて、見積もりをとる。」このやり方をおすすめします。まあ、出てくる見積もりを見れば、たいていはある程度予算オーバーになると思います^^;

ほとんどの場合依頼主の要望は、予算に比べてかなりよくばりなものですからね。でも、それでいいんです。

ここから、自分たちの優先順位などにおうじて、プランをけずったり、設備や資材のグレードを変えたり、ということを考えて、予算に近づけていくのです。

この「見積もりが出てから予算に合わせる方法を考える」のと、「最初から予算を伝える」方法との違いが分かるでしょうか?

それは、「けずるべきところを自分たちで選べるかどうか」ということ。最初から予算を伝えてそのワクで「縛り」をかけてしまうと、業者もそれはオーバーできませんから、見積もりの段階で「業者が考えたプランけずり、グレードダウン」をされてしまうのです。

どうせけずったりグレードダウンしないといけないなら、その分は自分たちでの考えも入れて選択できたほうが納得できると思いませんか?

とはいえ、「予算100万程度だったのに…予算を伝えずに見積もりとったら、どこの業者も500万以上だった」なんてあまりに極端な結果が出たら、それはいくらなんでもよくばりすぎということです。

「この予算ではあまりに図々しかったかな」と反省して、一からプランを考え直しましょう^^;

関連エントリー

リフォームの必要性とその準備
あなたの家は築何年?
リフォームの「やりどき」は?
リフォームするなら建て替える?
自宅に関する資料を集めよう!
リフォームの要望をまとめよう
住めば都とは
お部屋のインテリアって・・・。
一石二鳥!失敗しない外壁塗装業者の選び方
資金について考える
リフォーム費はどれぐらい?
リフォーム金額の相場の考え方
予算は最初に伝えるべきか?
リフォーム工事費=かかる費用ではない
リフォームローンを気軽に考えないで!
リフォームローンはどこを使う?
こんな業者は使っちゃいけない
訪問販売のリフォーム業者
訪問業者に丸めこまれたら?
電話勧誘も相手にしちゃダメ!
やたらに不安をあおる業者はNG
打ち合わせを面倒がる業者はNG
見積もりをしぶる業者はNG
リフォーム業者のあれこれ
リフォーム業者はピンキリだっ!
会社名・イメージではなく中身で選ぶ
リフォームに「定価」はない
チラシの内容をうのみにしない!
リフォーム業者の特徴を知る
リフォーム専門業者にご注意!
業者のしぼりこみから契約まで
身内や知人の業者なら安心?
業者比較の第一歩
業者の得意分野を知っておこう!
シックハウス対策について
相見積もりをとろう
打ち合わせ・見積もり依頼で業者チェック
見積もりから見えてくる「業者の姿勢」
見積もりの金額だけにとらわれない!
見積もりから契約までには日をおこう!
監理について確かめよう
お金の支払いについて確認しよう
アフターサービスについて確認
トラブル・クレーム対応は?
工程表を出してもらおう!
いよいよ契約となったら?
リフォーム工事開始!
忘れちゃ困る荷物の片付け
工事のあいさつは業者まかせにしない!
職人への「飲み物サービス」は必要?
もし追加工事が発生したら?
注文した内容と違う!
リフォーム工事が終わったら
マンションのリフォーム
マンションってリフォームできないの?
管理組合の規定を確認しよう!
近隣への気配りを忘れずに!
トラブル多発!?床のリフォーム
久々のアパート暮らし
カテゴリ一覧
リフォームの必要性とその準備
リフォームの資金について考える
こんなリフォーム業者は使っちゃいけない
リフォーム業者のあれこれ
業者のしぼりこみから契約まで
住宅のリフォーム工事開始!
マンションのリフォーム
プライバシーポリシー・リンクについて
サイトマップ
お気に入りの家具ショップ
ソファ
天井まで収納できる本棚は素晴らしい
Copyright ©  住宅リフォーム業者の正しい選び方ガイド All Rights Reserved.