訪問販売のリフォーム業者

こちらの都合も考えずに、ある日いきなりやってくるセールスというのはやっかいなものですが、リフォーム業界も例外ではありません。

特に、ある程度築年数がたった家だと、頻繁にやってくることも少なくないです^^;

「そろそろリフォーム考えなきゃいけないかな…」と迷い始めているところに業者がやってきて、「今ならキャンペーン中ですからお安くリフォームできますよ!」なんていわれると、まさに「渡りに船」とばかりに、すぐ話にのっちゃう人もいます。

でもねえ、こうした「いきなり来る人」って、その大半が「ろくでもない訪問者」なんですよ。

私も業界は違えど、セールス経験はありますから、こういうことをいうのはセールス側にたいして少し気がひけるのですが…「訪問でいきなりやってくる業者は、どんな業種であれ相手にしないほうが吉」と断言しちゃいましょう。

もちろん、リフォーム業界でもこれは同じこと。いきなりやってくる訪問販売業者には、問題のあるところが多いのです。

もちろん、ふだんはあまり訪問販売をやらない業者でも、たまに「販売促進キャンペーン」などで訪問販売をすることもありますから、「いきなり訪問セールスをしてくるリフォーム業者は100%ダメ業者・悪徳業者」とまでいうつもりはありません。

でも、リフォーム業界全体のトラブルのうち、「訪問販売業者によるトラブル」が、かなりの割合を占めているんですよ。

つまり、「訪問販売業者が、ろくでもない業者だ、という可能性は、一般的な水準よりもかなり高い」ということです。

10の訪問販売業者があれば、そのうちひとつかふたつくらいはマトモなところもあるかもしれませんが、そこまでの高いリスクをおかして訪問販売業者と契約するメリットなんてあるでしょうか?

リフォームは「いい業者に当たるかどうかはいちかばちか」なんてギャンブル感覚でやるものじゃありません。

訪問販売業者はトラブル率がきわめて高いのですから、こちらもとにかく「疑いの目」を向けることが大切です。あの手この手を使ってきますからね。

たとえば「工事のごあいさつにまいりました」とやって来る場合。これ、もっとも多いパターンではないでしょうか。

うちの家にもしょっちゅうやってきます、オール電化へのリフォームをすすめようと、毎回このワンパターンな話の切り出し方をしてくる業者。

こうした業者にたいして、いきなりドアを開けて話を聞いては絶対にダメです。自分もセールス経験者だから分かるのですが、ドアを開ける・開けない、この差はとてつもなく大きいです。

ドアを開けて対面して、詳しい話を聞いてもらえれば、あとはセールストークでなんとかできる可能性も結構ありますからね。

まして、リフォーム業者の場合は「大事な家にかかわること」ですから、住人にたいして不安をあおるのも大得意です。断りきれない人、ペースに乗せられてしまう人というのはかならず出てきます。

しかし、「ドアを開けない」ことを徹底していれば、そこまでいくことはまずありません。

かならずインターホンごしに「どこの家のどういう工事か」を聞きましょう。具体的なご近所の名前や、工事の種類を答えられない場合は、100%、ただのセールスです。

「遠方の工事のお知らせなら不要です」「工事予定があるならポストに入れておいて下さい」などと、一方的にインターホンを切りましょう。


あと、あからさまにあやしいパターンとしては…


1. 無料点検キャンペーンを実施中です。

無料点検時にいろいろ難癖をつけられ、「このままじゃ危ない」と、高額のリフォームなどを強引にすすめられる。ひどいのになると、点検時に瓦をずらしたりシロアリをばら撒いたりなど、わざと不具合を作ってしまう業者もあります。

2. ○○のモニターキャンペーンをしています。

たとえば外壁塗装の場合、モニター価格リフォームするのは実はたった一面のみで、残りの面の塗装で法外な料金を取ったりするなどという手口をよく使います。または、もともとの標準価格が相場より異様に高く、キャンペーンといっても冷静に見てみると全然安くない、など。

3. 通りがかりに、壁の状態が気になったので立ち寄ったのですが…

善意の人もたまにはいるかもしれませんが、普通に考えれば「ただの通りがかりなのにいきなりピンポン鳴らして家のことに口を出す人」は相当アヤシイ人だと思いませんか?また、たいていどこのお宅でも、ムリヤリ難癖つけようと思ったら口実はいくらでもあります。

4. 近所で工事をしているのですが、上から見たらお宅の屋根瓦がズレていたので…

これもあまり信じないほうがいいです。業者名をまず聞いて、工事をしているご近所に確認を。たいていは別業者、つまりただのセールスだったりするのです。

とにかく、訪問販売業者は「相手にしないのが基本」ということです。

あとですね、よく見かける「セールスお断り」の札って、そんなに役に立たないですよ。

弱気・あるいは良心的なセールスはそこで引き下がってくれますが、強気なセールス相手だとそうはいきません。「自分で断るのがイヤだから、こうした札を出している」とも解釈されてしまいますので、逆に「会話にさえもっていけば、オトすのはカンタン」とまで思われることさえあるのです。

これよりは「猛犬注意」の札のほうが効果アリかもしれませんよ^^;

関連エントリー

リフォームの必要性とその準備
あなたの家は築何年?
リフォームの「やりどき」は?
リフォームするなら建て替える?
自宅に関する資料を集めよう!
リフォームの要望をまとめよう
住めば都とは
お部屋のインテリアって・・・。
一石二鳥!失敗しない外壁塗装業者の選び方
資金について考える
リフォーム費はどれぐらい?
リフォーム金額の相場の考え方
予算は最初に伝えるべきか?
リフォーム工事費=かかる費用ではない
リフォームローンを気軽に考えないで!
リフォームローンはどこを使う?
こんな業者は使っちゃいけない
訪問販売のリフォーム業者
訪問業者に丸めこまれたら?
電話勧誘も相手にしちゃダメ!
やたらに不安をあおる業者はNG
打ち合わせを面倒がる業者はNG
見積もりをしぶる業者はNG
リフォーム業者のあれこれ
リフォーム業者はピンキリだっ!
会社名・イメージではなく中身で選ぶ
リフォームに「定価」はない
チラシの内容をうのみにしない!
リフォーム業者の特徴を知る
リフォーム専門業者にご注意!
業者のしぼりこみから契約まで
身内や知人の業者なら安心?
業者比較の第一歩
業者の得意分野を知っておこう!
シックハウス対策について
相見積もりをとろう
打ち合わせ・見積もり依頼で業者チェック
見積もりから見えてくる「業者の姿勢」
見積もりの金額だけにとらわれない!
見積もりから契約までには日をおこう!
監理について確かめよう
お金の支払いについて確認しよう
アフターサービスについて確認
トラブル・クレーム対応は?
工程表を出してもらおう!
いよいよ契約となったら?
リフォーム工事開始!
忘れちゃ困る荷物の片付け
工事のあいさつは業者まかせにしない!
職人への「飲み物サービス」は必要?
もし追加工事が発生したら?
注文した内容と違う!
リフォーム工事が終わったら
マンションのリフォーム
マンションってリフォームできないの?
管理組合の規定を確認しよう!
近隣への気配りを忘れずに!
トラブル多発!?床のリフォーム
久々のアパート暮らし
カテゴリ一覧
リフォームの必要性とその準備
リフォームの資金について考える
こんなリフォーム業者は使っちゃいけない
リフォーム業者のあれこれ
業者のしぼりこみから契約まで
住宅のリフォーム工事開始!
マンションのリフォーム
プライバシーポリシー・リンクについて
サイトマップ
お気に入りの家具ショップ
ソファ
天井まで収納できる本棚は素晴らしい
Copyright ©  住宅リフォーム業者の正しい選び方ガイド All Rights Reserved.