訪問業者に丸めこまれたら?

引き続き、訪問業者についてもう少しお話したいと思います。

まず、さきほど述べたように、訪問業者は「相手にしないのが基本」です。しかし、いくらあちこちでこうした注意がうながされていても、訪問業者によるリフォームトラブルはあとを絶ちません。

中でも特に、こうした業者に狙われやすいのが、「高齢者世帯」です。

高齢者は、やはり全体的に見れば、若い人たちに比べると判断能力が劣っているケースも多いですし、最近のリフォームがどういうものか、ということもあまり知らないので、こうした業者にいいように丸めこまれてしまいがちなのです。

私も祖母が一人暮らししており、家の築年数も50年弱、と、かなりの年季が入っているので、狙われやすい典型例といえます。祖母にはくれぐれもこうした業者は相手にしないように、と日ごろから伝えていますが、それでも口の回るセールスにあたってしまったら、どうなるかは分かりません。

なので、私は祖母に「もしもセールスにのせられてリフォームの契約などをしてしまったら、すぐに知らせるように」と伝えています。

実はですね。訪問販売による契約は、クーリングオフの対象になるんですよ。リフォームも例外ではありません。セールスが頼みもしないのにあちらから自宅にやってきて、そこで契約となったものについては、クーリングオフできるんです。

もちろん、悪徳なリフォーム会社は、契約の際にそんなこと一言も教えてくれません。こうしたことは「こちらが率先して知っておかないと」ダメなのです。

「クーリングオフなんて申し出たら、業者が逆ギレしてくるかも…」と怖く感じるかもしれませんが、これは法律で守られた権利です。

あと、意外に知られていないことですが、クーリングオフは、工事が始まってから、あるいは完了していても、「クーリングオフが認められる期間内」であれば、できるのです。

工事に着手していた場合、「もう工事始まってるんですからクーリングオフなんてできるわけないでしょう!」と怒る業者もいますが、それは法律を無視したあちらさんの勝手な言い分です。

もし、クーリングオフを認めなかったり、脅迫をしてくるようなことがあれば、罪に問われるのは業者側なのですから、堂々としてください。

なお、クーリングオフの手続きについては、「書面でおこなうのが鉄則」です。電話で事前にクーリングオフする旨を伝えるのはかまいませんが、そこで業者に「書面はいらない」といわれても、絶対に書面で出してください。証拠を残さないと、あとで「言った、言わない」のトラブルにつながります。

クーリングオフを申し出た時点で、「書面はいらない」と返してくる業者はそこを狙っているのです。

クーリングオフは、中身の証拠も残せる内容証明郵便で届けるのがいいでしょう。契約日を含めて8日以内(当日消印有効)に、リフォーム契約を解除する旨の通知を出します。

参考のため、クーリングオフのための通知内容をざっとあげてみましょう。

そのリフォームの契約年月日、業者名、契約をかわしたときの担当者、業者の住所や電話番号、工事名(請負契約書に書かれていると思います)、そして契約者の住所氏名電話番号を記したうえで、「上記日付の工事契約を解除いたします」などといった文言をそえる。

だいたいこんな感じです。あくまで参考ですので、詳しくは各自でお調べくださいね。

ところで、自宅での契約がすべてクーリングオフの対象になるのかというと、そうではありません。

例外として「契約者側が、業者を自宅に呼びつけた場合」は、クーリングオフの対象外です。あくまで、「勝手に向こうから訪問販売してきた」ものがクーリングオフ対象ですので、くれぐれもお間違いのないように。

身内に高齢者のみの家庭があったら、ぜひ「もしも何か契約してしまったら、即一報を入れてもらう」ように、電話にメモを貼ってでも伝えておいて下さいね。

リフォームだけにかぎらず、その他もろもろの悪徳業者の誘惑から財産を守るための、きわめて有効な手段となりますからね。

関連エントリー

リフォームの必要性とその準備
あなたの家は築何年?
リフォームの「やりどき」は?
リフォームするなら建て替える?
自宅に関する資料を集めよう!
リフォームの要望をまとめよう
住めば都とは
お部屋のインテリアって・・・。
一石二鳥!失敗しない外壁塗装業者の選び方
資金について考える
リフォーム費はどれぐらい?
リフォーム金額の相場の考え方
予算は最初に伝えるべきか?
リフォーム工事費=かかる費用ではない
リフォームローンを気軽に考えないで!
リフォームローンはどこを使う?
こんな業者は使っちゃいけない
訪問販売のリフォーム業者
訪問業者に丸めこまれたら?
電話勧誘も相手にしちゃダメ!
やたらに不安をあおる業者はNG
打ち合わせを面倒がる業者はNG
見積もりをしぶる業者はNG
リフォーム業者のあれこれ
リフォーム業者はピンキリだっ!
会社名・イメージではなく中身で選ぶ
リフォームに「定価」はない
チラシの内容をうのみにしない!
リフォーム業者の特徴を知る
リフォーム専門業者にご注意!
業者のしぼりこみから契約まで
身内や知人の業者なら安心?
業者比較の第一歩
業者の得意分野を知っておこう!
シックハウス対策について
相見積もりをとろう
打ち合わせ・見積もり依頼で業者チェック
見積もりから見えてくる「業者の姿勢」
見積もりの金額だけにとらわれない!
見積もりから契約までには日をおこう!
監理について確かめよう
お金の支払いについて確認しよう
アフターサービスについて確認
トラブル・クレーム対応は?
工程表を出してもらおう!
いよいよ契約となったら?
リフォーム工事開始!
忘れちゃ困る荷物の片付け
工事のあいさつは業者まかせにしない!
職人への「飲み物サービス」は必要?
もし追加工事が発生したら?
注文した内容と違う!
リフォーム工事が終わったら
マンションのリフォーム
マンションってリフォームできないの?
管理組合の規定を確認しよう!
近隣への気配りを忘れずに!
トラブル多発!?床のリフォーム
久々のアパート暮らし
カテゴリ一覧
リフォームの必要性とその準備
リフォームの資金について考える
こんなリフォーム業者は使っちゃいけない
リフォーム業者のあれこれ
業者のしぼりこみから契約まで
住宅のリフォーム工事開始!
マンションのリフォーム
プライバシーポリシー・リンクについて
サイトマップ
お気に入りの家具ショップ
ソファ
天井まで収納できる本棚は素晴らしい
Copyright ©  住宅リフォーム業者の正しい選び方ガイド All Rights Reserved.