チラシの内容をうのみにしない!

さて、リフォーム業界でトラブルをよくおこすのは、訪問販売業者や電話勧誘業者だけではありません。

「格安激安」を大きくウリにしたチラシをひんぱんに入れてくる業者などについても、要注意なのです。

なぜなら、一見して安すぎるチラシは、単なるオトリにすぎない、ということが少なくないからです。

ひどいところになると、チラシなどの激安価格商品などは最初から取り扱いすらしておらず、「もう在庫切れですから」と、もっと高いものばかりをすすめてきたり、チラシの価格に含まれていない工事費や諸経費の部分で法外な請求をするところもあります。

あと、チラシによくある価格表記「○○円より」というのも、あくまで最低価格を示しているだけであって、上は天井知らずです。

しかもこの最低価格で紹介される設備や資材は、とてもマトモなリフォームには使えないような質の低いものだったりすることも少なくありません。

ためしに、もしあなたが「チラシに書かれている最低価格の設備や資材だけでリフォームしたい」といったら、業者側は「これはちょっと○○が問題でおすすめできない」とか、まあいろいろと理由をつけて、ケチョンケチョンにけなしてくれますよ、多分。

…そんなにひどくて現実に使えないものなら、プロとしてはじめから扱うな、といいたくなります(苦笑)。

理由もなく「他社よりはるかに安い」なんて、絶対にありえないんです。もちろん、いいものであっても在庫処分品などであれば安くなりますし、そうした「理由のある安さ」については、依頼側も納得のうえでなら、利用する価値はじゅうぶんあると思います。

しかし…いつでもなんでも他社より激安、という業者については、やはりちょっと慎重に考えた方がいいでしょう。

そうでなくともリフォーム業界は価格競争の厳しい世界。「企業努力」のひと言で片づけられるほど、コストダウンはカンタンではないはずです。

関連エントリー

リフォームの必要性とその準備
あなたの家は築何年?
リフォームの「やりどき」は?
リフォームするなら建て替える?
自宅に関する資料を集めよう!
リフォームの要望をまとめよう
住めば都とは
お部屋のインテリアって・・・。
一石二鳥!失敗しない外壁塗装業者の選び方
資金について考える
リフォーム費はどれぐらい?
リフォーム金額の相場の考え方
予算は最初に伝えるべきか?
リフォーム工事費=かかる費用ではない
リフォームローンを気軽に考えないで!
リフォームローンはどこを使う?
こんな業者は使っちゃいけない
訪問販売のリフォーム業者
訪問業者に丸めこまれたら?
電話勧誘も相手にしちゃダメ!
やたらに不安をあおる業者はNG
打ち合わせを面倒がる業者はNG
見積もりをしぶる業者はNG
リフォーム業者のあれこれ
リフォーム業者はピンキリだっ!
会社名・イメージではなく中身で選ぶ
リフォームに「定価」はない
チラシの内容をうのみにしない!
リフォーム業者の特徴を知る
リフォーム専門業者にご注意!
業者のしぼりこみから契約まで
身内や知人の業者なら安心?
業者比較の第一歩
業者の得意分野を知っておこう!
シックハウス対策について
相見積もりをとろう
打ち合わせ・見積もり依頼で業者チェック
見積もりから見えてくる「業者の姿勢」
見積もりの金額だけにとらわれない!
見積もりから契約までには日をおこう!
監理について確かめよう
お金の支払いについて確認しよう
アフターサービスについて確認
トラブル・クレーム対応は?
工程表を出してもらおう!
いよいよ契約となったら?
リフォーム工事開始!
忘れちゃ困る荷物の片付け
工事のあいさつは業者まかせにしない!
職人への「飲み物サービス」は必要?
もし追加工事が発生したら?
注文した内容と違う!
リフォーム工事が終わったら
マンションのリフォーム
マンションってリフォームできないの?
管理組合の規定を確認しよう!
近隣への気配りを忘れずに!
トラブル多発!?床のリフォーム
久々のアパート暮らし
カテゴリ一覧
リフォームの必要性とその準備
リフォームの資金について考える
こんなリフォーム業者は使っちゃいけない
リフォーム業者のあれこれ
業者のしぼりこみから契約まで
住宅のリフォーム工事開始!
マンションのリフォーム
プライバシーポリシー・リンクについて
サイトマップ
お気に入りの家具ショップ
ソファ
天井まで収納できる本棚は素晴らしい
Copyright ©  住宅リフォーム業者の正しい選び方ガイド All Rights Reserved.