リフォーム工事が終わったら

さて、リフォームの工事がすべて終わったら、「完了検査」となります。契約どおりの内容できちんとリフォームできているかどうかをチェックする、最終段階です。

これは依頼側と業者側双方の立ち会いのもとおこないます。

ここでチェックするべきは、「リフォームの契約内容と違いがないかどうか」というのが最大のポイントとなるのはもちろんですが、今回のリフォームとは関係のない箇所であっても、資材運びの際などに傷がつけられたりしていないかどうか、といったこともチェックしておく必要があるでしょう。

この完了検査は、できるだけ「多くの目」があったほうが、見落としの可能性が少なくなりますので、可能なかぎり家族全員でやるのがいいでしょう。

特に、「新しい設備機器」の使用方法などについては、主婦の方など「おもな使用者」が使用方法をキッチリと理解しておく必要もありますしね。

そして、この完了検査でもし不具合や契約内容とことなる施工などが見つかった場合は、これらの工事を完全に契約どおりに済ませてもらわなければなりません。

こうした工事の内容や日程を書面で確認し、そして「これらの工事がすべて終わってから」、引渡し証明書・保証書・説明書・竣工図・最終見積書あるいは請求書などが業者から渡されます。

そしてこれらのことがすべて終わってから、支払いをすませて下さい。

間違っても、「完了検査で見つかった不具合などを直す工事が終わる前」に支払ってはダメですよ。

関連エントリー

リフォームの必要性とその準備
あなたの家は築何年?
リフォームの「やりどき」は?
リフォームするなら建て替える?
自宅に関する資料を集めよう!
リフォームの要望をまとめよう
住めば都とは
お部屋のインテリアって・・・。
一石二鳥!失敗しない外壁塗装業者の選び方
資金について考える
リフォーム費はどれぐらい?
リフォーム金額の相場の考え方
予算は最初に伝えるべきか?
リフォーム工事費=かかる費用ではない
リフォームローンを気軽に考えないで!
リフォームローンはどこを使う?
こんな業者は使っちゃいけない
訪問販売のリフォーム業者
訪問業者に丸めこまれたら?
電話勧誘も相手にしちゃダメ!
やたらに不安をあおる業者はNG
打ち合わせを面倒がる業者はNG
見積もりをしぶる業者はNG
リフォーム業者のあれこれ
リフォーム業者はピンキリだっ!
会社名・イメージではなく中身で選ぶ
リフォームに「定価」はない
チラシの内容をうのみにしない!
リフォーム業者の特徴を知る
リフォーム専門業者にご注意!
業者のしぼりこみから契約まで
身内や知人の業者なら安心?
業者比較の第一歩
業者の得意分野を知っておこう!
シックハウス対策について
相見積もりをとろう
打ち合わせ・見積もり依頼で業者チェック
見積もりから見えてくる「業者の姿勢」
見積もりの金額だけにとらわれない!
見積もりから契約までには日をおこう!
監理について確かめよう
お金の支払いについて確認しよう
アフターサービスについて確認
トラブル・クレーム対応は?
工程表を出してもらおう!
いよいよ契約となったら?
リフォーム工事開始!
忘れちゃ困る荷物の片付け
工事のあいさつは業者まかせにしない!
職人への「飲み物サービス」は必要?
もし追加工事が発生したら?
注文した内容と違う!
リフォーム工事が終わったら
マンションのリフォーム
マンションってリフォームできないの?
管理組合の規定を確認しよう!
近隣への気配りを忘れずに!
トラブル多発!?床のリフォーム
久々のアパート暮らし
カテゴリ一覧
リフォームの必要性とその準備
リフォームの資金について考える
こんなリフォーム業者は使っちゃいけない
リフォーム業者のあれこれ
業者のしぼりこみから契約まで
住宅のリフォーム工事開始!
マンションのリフォーム
プライバシーポリシー・リンクについて
サイトマップ
お気に入りの家具ショップ
ソファ
天井まで収納できる本棚は素晴らしい
Copyright ©  住宅リフォーム業者の正しい選び方ガイド All Rights Reserved.